JavaScript

childNodesで子ノードを取得する【JavaScript】

この記事ではJavaScriptのchildNodesについて見ていきます。

childNodesは子ノードを返します。

サンプルのコードも紹介します。

childNodesで子ノードを取得

サンプルコード

下記のようなHTMLがある場合の<div id="frame">の子ノードをconsole.logで見ていきます。

<div id="frame">
  <ul id="list">
    <li>Aについて</li>
    <li>Bについて</li>
    <li>Cについて</li>
  </ul>
  <p>以上です。</p>
</div>
var frame = document.getElementById('frame');
var c_nodes = frame.childNodes;
console.log(c_nodes);

var frame = document.getElementById('frame');でdiv要素を指定し、frame.childNodesで子ノードを取得します。

すると、console.logの結果は下記になります。

NodeListが取得されました。

テキストノードや要素ノード、属性ノードなどが取得できています。

childNodesで子ノードを取得する場合、空白のテキストノードが取得されます。

そのため、データの処理が複雑になります。

空白のテキストノードを無視して要素ノードを取り出すプロパティがあります。

それがchildrenです。childrenについては「childrenで子要素を取得する【JavaScript】」で詳しく解説しています。


ウェブつくを支えてくれるスポンサー

  • この記事を書いた人
ウェブつく管理人

ウェブつく管理人

WEB制作の仕事をしています。より簡潔に、より分かりやすく解説していきたいと思い、サイトを運営しています。「読むのが苦にならないサイト」を目指しています。よろしくお願いします。

-JavaScript

© 2020 ウェブつく Powered by AFFINGER5