JavaScript

「e」で10の累乗を簡略化【2e4って何?100万はどう書く?】【JavaScript】

この記事では、10の累乗を簡略化した「e」の使い方を紹介します。

この記事を読めば、eを使った数値の書き方ができるようになります。

eは10の累乗を表す

下記のように表します。

1e1 = 1 × 10の1乗 => 10
1e2 = 1 × 10の2乗 => 100
1e3 = 1 × 10の3乗 => 1000

2e1 = 2 × 10の1乗 => 20
2e2 = 2 × 10の2乗 => 200
2e3 = 2 × 10の3乗 => 2000

2e4は何?

それでは2e4はどんな数値を表すか考えてみましょう。

簡単ですね。

2e3 = 2 × 10の4乗 => 20000

100万はeでどう書く?

大きい値ほど、eで簡略化できる効果は絶大です。

例えば、100万回繰り返すというif文があった場合、eを使わないと、

if (var i = 0; i < 1000000; i++)

のようなif文を書かないといけません。長くなるし、ひと目で分かりづらいですよね。

eを使えば、100万は1e7 という表記で終わります。


eを見かける機会はそこまで多くないかもしれませんが、見かけたときパニクらないように覚えておきましょう。

下記で実際に触ってみてください。


ウェブつくを支えてくれるスポンサー

  • この記事を書いた人
ウェブつく管理人

ウェブつく管理人

WEB制作の仕事をしています。より簡潔に、より分かりやすく解説していきたいと思い、サイトを運営しています。「読むのが苦にならないサイト」を目指しています。よろしくお願いします。

-JavaScript

© 2020 ウェブつく Powered by AFFINGER5