JavaScript

typeofで型を確認する【string,number等】【JavaScript】

この記事では、JavaScriptで文字列や数値などの型を確認する方法を紹介します。

型の判定には「typeof」を使います。

typeofで型を確認する

typeofを理解するには実際のコードを見るのが早いです。

console.log("文字列です:" + typeof("文字列です"));
console.log('"1234":' + typeof("1234"));
console.log("1234:" + typeof(1234));
console.log("true:" + typeof(true));
console.log("false:" + typeof(false));
console.log("1==1:" + typeof(1==1));
console.log('"":' + typeof(""));
console.log('["りんご","ばなな","みかん"]:' + typeof(["りんご","ばなな","みかん"]));
console.log('[1, 2, 3]:' + typeof([1, 2, 3]));
console.log('null:' + typeof(null));
console.log('undefined:' + typeof(undefined));
console.log('function(){}:' + typeof(function(){}));
// 結果
文字列です:string
"1234":string
1234:number
true:boolean
false:boolean
1==1:boolean
"":string
["りんご","ばなな","みかん"]:object
[1, 2, 3]:object
null:object
undefined:undefined
function(){}:function

typeof()で、型を調べることができます。

typeofを実際に触ってみよう

typeofの型の種類

typeofで判定できる型には下記のようなものがあります。

型について詳しく説明すると、かなり長くなってしまうので、ざっくり下記だけ覚えておきましょう。

  • 真偽値型: Boolean
  • Null型: object
  • Undefined型: undefined
  • 数値型: number
  • 文字列型: string
  • オブジェクト: object

以上、typeofを使って型を確認する方法を解説しました。

JavaScriptに慣れていないとき、思わぬエラーに遭遇するのが「型」の不一致ではないかと思います。

型の種類について理解を深めておきましょう。


ウェブつくを支えてくれるスポンサー

  • この記事を書いた人
ウェブつく管理人

ウェブつく管理人

WEB制作の仕事をしています。より簡潔に、より分かりやすく解説していきたいと思い、サイトを運営しています。「読むのが苦にならないサイト」を目指しています。よろしくお願いします。

-JavaScript

© 2020 ウェブつく Powered by AFFINGER5