WordPress

language_attributes()とは【WordPress】

この記事ではWordPressのテンプレートタグであるlanguage_attributes()の働きを見てみます。

language_attributes()を見てみる

language_attributes()は下記のようにhtmlタグ内に使われています。

<!DOCTYPE html>
<html <?php language_attributes(); ?>>
<head>
  <meta charset="utf-8">
  <title>タイトル</title>
…
</html>

サイトで実際のコードを見てみると、下記のように htmlタグにlang="en-US"が付与されています。

lang="es-US"を日本語に変更しましょう。

WordPressの「設定」>「一般」>「サイトの言語」から変更できます。

サイトの言語を「日本語」に変更し、実際のコードを見てみると、下記のようにlang="ja"に変更されています。

ということは、WordPressの設定が「英語」になっていると、サイトもlang="en"のサイトとみなされる可能性があります。「英語の勉強のためにダッシュボードを英語にしている」という人は変更したほうが良さそうです。

ウェブつくを支えてくれるスポンサー

  • この記事を書いた人
ウェブつく管理人

ウェブつく管理人

WEB制作の仕事をしています。より簡潔に、より分かりやすく解説していきたいと思い、サイトを運営しています。「読むのが苦にならないサイト」を目指しています。よろしくお願いします。

-WordPress

© 2020 ウェブつく Powered by AFFINGER5