WordPress

body_class()とは【WordPress】

この記事ではWordPressのテンプレートタグであるbody_class()の働きを見てみます。

body_class()を見てみる

<?php body_class(); ?>は下記のようにbodyタグ内に使われています。

<body <?php body_class(); ?>>
  <h1>タイトル</h1>
  <p>サンプルテキスト</p>
</body>

サイトで見てみると、下記のように bodyタグにclass="home blog"が付与されています。

body_class()は「ページによってクラス属性を付与する」という機能があります。

body_calssで付与されるクラス属性

body_classで付与されるタグはページによって様々です。

  • トップページの場合:home blog
  • 記事ページの場合:single
  • 固定ページの場合:page

上記のようなものがあります。これはごく一例です。

他にも、アーカイブページや検索結果ページ、404エラーページなどのあらゆるページで個別のclass属性が付与されます。

詳しく知りたい方は、「ページ種類別初期値一覧/Codex」を見ると詳細にまとまっています。

body_classを使う場面

一般的なブログ用途でbody_classを意識することはあまりないと思います。

  • テーマを自作したい人
  • 特定のページにデザインを追加したい人

そんなような人はbody_classを知っておくと良いと思います。


ウェブつくを支えてくれるスポンサー

  • この記事を書いた人
ウェブつく管理人

ウェブつく管理人

WEB制作の仕事をしています。より簡潔に、より分かりやすく解説していきたいと思い、サイトを運営しています。「読むのが苦にならないサイト」を目指しています。よろしくお願いします。

-WordPress

© 2020 ウェブつく Powered by AFFINGER5