JavaScript

remove()で要素を削除する【JavaScript】

この記事では、JavaScriptのremove()を使って、要素を削除します。

remove()

使い方

<ul>
  <li id="no1">項目1</li>
  <li id="no2">項目2</li>
  <li id="no3">項目3</li>
</ul>
<button onclick="removeLi();">削除する</button>
function removeLi() {
  var no2 = document.getElementById('no2');
  no2.remove();
}

上記のHTMLにremove()を使って2つ目のliを削除してみます。

「削除する」ボタンをクリックすると削除されます。

remove()注意点

remove()はとても簡単に要素の削除ができますが、Internet Explorerでは未対応です。

その点だけ注意が必要です。


ウェブつくを支えてくれるスポンサー

  • この記事を書いた人
ウェブつく管理人

ウェブつく管理人

WEB制作の仕事をしています。より簡潔に、より分かりやすく解説していきたいと思い、サイトを運営しています。「読むのが苦にならないサイト」を目指しています。よろしくお願いします。

-JavaScript
-

© 2020 ウェブつく Powered by AFFINGER5