JavaScript

Date.now()で経過時間を取得する【JavaScript】

この記事では、Date.now()を使って、基準時刻からの経過時間を取得していきます。

Date.now()

使い方

Date.now()は1970年01月01日 00:00:00 からの「経過ミリ秒」を取得します。

試しに2019年6月29日AM9時51分をDate.now()を使って取得してみましょう。

var time = Date.now();
console.log( time );
// => 1561769417660

ミリ秒は1000分の1秒を指します。

そのため、1561769417660は、1561769417.660秒となります。

1561769417.660秒は433824.8382388889時間です。

433824.83823888888583時間は18076.034926620370243日です。

18076.034926620370243日は49.523383360603759229年です。

ということで、ざっくり、1970年1月1日から49年半を表していることがざっくり分かるかと思います。

Date.now()で簡易タイマーを作ってみる

スタートボタンをクリックした後、ストップボタンをクリックすると、経過時間が取得できます。

詳しいソースコードは「簡易タイマーを作ってみる」で公開します。ぜひご覧ください。


ウェブつくを支えてくれるスポンサー

  • この記事を書いた人
ウェブつく管理人

ウェブつく管理人

WEB制作の仕事をしています。より簡潔に、より分かりやすく解説していきたいと思い、サイトを運営しています。「読むのが苦にならないサイト」を目指しています。よろしくお願いします。

-JavaScript

© 2020 ウェブつく Powered by AFFINGER5