JavaScript

new Date()で現在の日付・時刻を取得する【JavaScript】

この記事ではnew Date()を使って現在の日付・時刻を取得します。

new Date()

使い方

new Date()で現在の日付・時刻を取得します。

var now = new Date();
console.log(now);
// => Fri Jun 28 2019 09:02:20 GMT+0900 (日本標準時)

取得した日付を整形する

現在の日付、時刻を取得することはできました。次は形式を変えましょう。

「2019年6月28日」と表示してみましょう。

そのためには、getFullYear()getMonth()getDate()を使います。

var now = new Date();
var year = now.getFullYear();
var month = now.getMonth()+1;
var date = now.getDate();

var nengappi = year + '年' + month + '月' + date + '日';
console.log(nengappi);
// => 2019年6月28日

getMonth()は1月が0、2月が1…と返ってくるため、getMonth()+1とします。

曜日を取得する

曜日の取得にはgetDay()を使います。

getDay()は日曜が0、月曜が1と返ってきます。

返ってくる数字に対応した曜日の配列['日','月','火','水','木','金','土']を用意します。

var now = new Date();
var year = now.getFullYear();
var month = now.getMonth()+1;
var date = now.getDate();

/* 曜日追加 */
var day_array = ['日','月','火','水','木','金','土']
var day = day_array[now.getDay()];


var nengappi = year + '年' + month + '月' + date + '日' + '(' + day + ')';
console.log(nengappi);
// => 2019年6月28日(金)

時刻を取得する

時刻の取得には、getHours()getMinutes()getSeconds()を使います。

var now = new Date();
var hours = now.getHours();
var minutes = now.getMinutes();
var seconds = now.getSeconds();

var jikoku = hours + '時' + minutes + '分' + seconds +'秒';
console.log(jikoku);
// => 9時40分26秒

ウェブつくを支えてくれるスポンサー

  • この記事を書いた人
ウェブつく管理人

ウェブつく管理人

WEB制作の仕事をしています。より簡潔に、より分かりやすく解説していきたいと思い、サイトを運営しています。「読むのが苦にならないサイト」を目指しています。よろしくお願いします。

-JavaScript
-

© 2020 ウェブつく Powered by AFFINGER5