JavaScript

ページの全コンテンツ読込後にJavaScriptを実行する(onload)

この記事では、JavaScriptを実行するタイミングについて解説します。

JavaScriptを実行するタイミング

JavaScriptを実行するタイミングは3つ。

  1. ページ読込前
  2. (HTML)読込直後
  3. (HTML・画像などの全てのコンテンツ)読込完了後

ここでは③の「全てのコンテンツ読込後」にJavaScriptを実行するonloadについて紹介します。

onload

ページの読込完了後にJavaScriptを実行する方法です。

HTMLファイル側に記述

body onloadを使います。

<body onload="hoge()">
// 記述
</body>
function hoge () {
 alert('読込完了');
}

JavaScriptファイル側に記述

window.onload = function() {
  alert('読込完了');
}

ウェブつくを支えてくれるスポンサー

  • この記事を書いた人
ウェブつく管理人

ウェブつく管理人

WEB制作の仕事をしています。より簡潔に、より分かりやすく解説していきたいと思い、サイトを運営しています。「読むのが苦にならないサイト」を目指しています。よろしくお願いします。

-JavaScript

© 2020 ウェブつく Powered by AFFINGER5